2016
08.20


あまりにも無防備すぎる女の子だった・・おっぱいの大きな。私がこれからこの娘に何をしようとしてるかなど、この娘が想像できるはずはなかった。この純粋で汚れを知らぬ肉体を汚すという、もっとも卑劣な行為の虜になってしまった。この娘の顔を、口を、乳房を、そして毛の生えてないアソコの中深く…私は精子が尽きるまで、何度も何度もこの娘人権を無視し汚し続けるのだった…。

No Comment.

Add Your Comment

You must be logged in to post a comment.